市政レポート

3/ 41234

19日にサウスピア見学兼ね市政報告会

2013年01月18日

今年最初の市政報告会「ゆめ会議」を19日、下記の通り開催します。当日は1月4日にオープンしたサウスピアの見学会も兼ねて、同所で行います。ぜひ、お気軽に参加ください。

日時;平成25年1月19日(土)14時~15時30分

場所 サウスピア8F 武蔵浦和コミュニティセンター第4集会室(さいたま市南区別所7-21-1、JR武蔵浦和駅西口徒歩1分)

お申込み・お問い合わせは、tomita@minnanokaori.net

公務員の異常な残業手当問題など特集

2012年11月30日

みんなのジャーナル「冨田かおりの市政レポート」2012年秋号をお届けします。

冨田かおり市議が、さいたま市議会9月定例会一般質問で取り上げ、マスコミなどで取りざたされた公務員の異常な残業手当の問題をはじめ、別所沼や上谷沼など自然環境保全の取り組みなどを特集しています。

自殺者まで出した公文書偽造問題の真相に迫ったブログは必読です。

20代男性、「何かやらなきゃ」とネット見て参加

2012年11月17日

冨田かおり市議の市政報告会が11月10日、コミュニティカフェ「のら」で開かれ、インターネットで会合を知って参加したという20歳代の男性をはじめ、80歳代までの多くの市民が参加しました。

補正予算や一般質問の内容など9月議会のトピックスを冨田かおり市議がまず報告。調査特別委員会が設置された公文書偽造問題や市職員の異常な残業手当の問 題に特に関心が寄せられました。県職員でも発覚した、給与並みの残業手当が支払われていた問題では、公務員の働き方が話題になり、「地域活動に熱心な職員 を発掘し、育てられれば」という声もありました。

当日は、「別所沼を守る会」や「ふるさと上谷沼地域創造塾」などから地域活動の報告があったほか、会場となった「のら」の経営者で、子育て女性の学びあい の場を提供するなど多彩な活動をしている新井純子さんからも話をうかがいました。「別所沼を守る会」のメンバーは「行政に文句を言っているだけではだめだ と感じ、『掃除をしよう』を原点に始めた」と語り、新井さんは「個性的な人たちなのに主婦とかママとかしか呼ばれない。女性のキャリアや能力を活かさない のはもったいない」と話していました。

ネットで見て参加した20歳代の男性は、「若者にとってこういう場に来るのはハードルが高いし、存在すら知らない。でも何かやらなきゃと思って来ました」と語っていました。

熱心に報告や議論が交わされた市政報告会=ヘルシーカフェのら

知っていますか?サウスピア 市政レポート号外特集

2012年09月17日

武蔵浦和駅前に建設中で、来年1月にオープンすることが決まった南区民待望の大型公共施設サウスピア。ところが、建設中に火災に見舞われたことや南区役所 が新しくなることは知っていても、児童書が充実した図書館ができることや子育て支援センターで市内初めてお子さんの一時預かりを実施することなど、実際の 施設の中身はあまり知られていないようです。

そこで、冨田かおり市政レポート号外として、サウスピアの全貌が分かる特集号を作りました。コミュニティセンター各部屋ごとの定員や付属設備を記した料金表も付いており、保存版として編集しました。ぜひ、ご活用ください。

みんなの声が集まれば何かできる!

2012年09月12日

冨田かおり市議の市政報告会を兼ねた「ゆめ会議」が9月8日、さいたま市南区辻の喫茶「さんご」で開かれ、活発な議論が交わされました。

「さんご」特製のランチを味わった後、冨田市議が6月議会の概要を報告しました。関心が高かった「空き家条例」の問題では、「更地にすると固定資産税が高 くなるので、そのまま放置されているケースが多い」「蕨市は強制措置を盛り込んだ条例を作ったが、どう違うのか」などの意見や質問が出ました。討論では、 行政でのチェックも必要だが、町内レベルで問題解決が図れることもあるのではないかという声もありました。冨田市議は「地域の人たちのたまり場や子どもた ちの遊び場として、空き家や空き地を活用できないか」と問題提起して、参加者もうなづいていました。

スライドを使って活動報告をする冨田かおり市議


若いママさんたちが多く参加した前回とは異なり、今回は地域で自然保護活動に取り組むNPO代表者や放射線を測定している市民団体の代表者などが活動報 告。ふるさと上谷沼地域創造塾代表の貴家章子さんは「川口市との境で、県が管理しているので、さいたま市には当事者意識が少ない。いわば忘れられた緑地。 だから自然が残っている側面がある」と指摘。自然と共存するまちづくりの大切さを強調していました。

参加者からは「ジョギングをよくするが笹目川は臭いし、別所沼もきれいじゃない。人は増える一方で、このまま放っておいたら汚れるばかり」との声もあり、「私一人の声では何もできないが、みんなの声が集まれば何かできるのではないか」と力強い言葉が聞かれました。

最後に、冨田市議から9月議会で取り組む一般質問の内容案が示され、参加者からも積極的な提案が出されていました。具体的な項目や日程は決まり次第、お知らせいたします。

親子のための放射線測定会 参加者募集!                             26日、別所沼公園と調神社で開催

2012年08月20日

市民有志による「放射線測定市民ネット@さいたま・川口」は8月26日、親子向けの放射線量測定会を浦和区と南区の2カ所の公園で実施します。

東電福島第1原発事故後、わたしたちは放射能汚染に関してさまざまな不安を抱えながら日常生活を送らざるを得なくなっています。今回、子どもの遊び場とな る身近な公園や空き地の線量計測を通して、正しい数値を知った上で、暮らしの安心・安全につなげてもらおうと、親子で参加できる放射線測定会を企画しまし た。

測定会のスタッフは、さいたま市内を中心に活動しているNPOや市民活動グループ、子育て中のお父さんやお母さん、小さなお孫さんのいるおじいちゃんたち。冨田かおりもスタッフの一人として参加します。

測定会は、午前の部(別所沼公園)と午後の部(調神社および調公園)の2回。午前の部は南区別所4丁目の「別所沼公園」で午前10時から12時半、午後の 部は浦和区岸町3丁目「調(つき)神社」で午後1時から3時半。タウ技研製のシンチレーション式放射線カウンターを使って、地表や草むら、子どもたちのよ く遊ぶ砂場や遊具付近等の空間放射線を測定します。測定数値は後日、「ベクレルマップ」として当会ホームページで公開する予定です。参加費は1組500 円。小雨決行。

お申込み・お問い合わせは、放射線測定市民ネット@さいたま・川口(TEL 070-6515-3410)または、sokutei.net2012@gmail.comへ。 

詳しい内容は別添チラシをご覧ください。

10軒に1軒が空き家!? 子どもの遊び場に活用も

2012年07月30日

みんなのジャーナル「冨田かおりの市政レポート2012年夏号」をお届けします。

桜区の10分の1しかない南区の公園面積。武蔵浦和駅周辺の子育て家族にとっては特に切実です。一方で、空き家が増えています。さいたま市内でも10軒に1軒が空き家というデータがあります。

冨田かおりは住民の皆さんの声を受け、子どもの遊び場づくりに取り組んでいます。子どもの遊び場確保のために、空き家を活用できないか。住民の皆さまと力を合わせ、いい方向を探っていきたいと思います。フロント面はその特集です。

中面は、さいたま市で始まった学習支援教室のルポです。貧困が学力の格差を生み、子どもたちをさらに貧困に落とし入れています。この連鎖を断ち切るため、 さいたま市がNPOに委託し、学生ボランティアの皆さんが子どもたちに毎週勉強を教えています。南区で実施されている教室の様子をご覧ください。地域のイ ベント情報も掲載しています。

Your Voiceは、南区六辻交差点近くで「喫茶さんご」を営む「NPO法人・ともに生きる会」の紹介です。ハンディを乗り越え、地域で生き生きと暮らすことの大切さを語っています。

武蔵浦和と南浦和で「公園格差」 ママら切実

2012年06月05日

世代を超え活発な議論が交わされた「ゆめ会議」。
左端は冨田かおり市議=6月2日、さいたま市南区、ヘルシーカフェ「のら」

市政報告会を兼ねた「冨田かおりサポーターズゆめ会議」の第1回会合が6月2日、さいたま市南区鹿手袋のヘルシーカフェ「のら」で開かれ、ちびっこを含め18人が参加しました。

冨田かおり市議が今年度のさいたま市の予算をはじめ、火災に見舞われたサウスピアの状況や見通しについて報告した後、子育て問題について参加者一人ひとりが意見を述べ合いました。

子育て真っ最中のママたちは「武蔵浦和駅周辺には外遊びできる公園がない」と口をそろえて訴えました。一方で、南浦和周辺のメンバーからは「うちの方は不 自由してない」の声。中高年メンバーからは武蔵浦和と南浦和の開発の経緯の問題点を指摘する意見も出され、両地域の間に公園をめぐる大きな格差があること を確認しました。

議論はその後、どうしたら公園を新たにつくることができるか話し合い、近年増えている空き家問題にも及びました。ほかに、待機児童が解消されない保育所のあり方や、乳児検診が抽選で希望通りに受けられないこともあるという産婦人科の現状も出されました。

◇世代超え、楽しく活発にトーク あなたもぜひ「ゆめ会議」へ

当日は、「のら」さんの板の間ルームで、地元産野菜をふんだんに使ったヘルシーランチを味わい、身も心も豊かにトーク。若いママさんたちも「世代を超えて話すのはあまりないので、とても新鮮で楽しかった」と話してくださりました。

「ゆめ会議」は今後も、冨田かおりの市政報告会を兼ね、市議会の定例会ごとに開催する予定です。あなたもぜひ「冨田かおりサポーターズゆめ会議」に参加しませんか。お問い合わせは、冨田かおり後援会へ。

火災に見舞われた新南区役所棟「サウスピア」 来年1月4日開業へ ミナミちゃん傍聴記も

2012年05月20日

みんなのジャーナル「冨田かおりの市政レポート」2012・春号をお届けします。

ロントは、新公共施設棟「サウスピア」をめぐる最新の情報を伝えています。本来ならば新しい南区役所や図書館、コミュニティセンターなどが入り、今年5月にオープンするはずでしたが、今年1月に火災に見舞われ、工事が中断していました。
 中面特集は、好評のミナミちゃんの議会傍聴記。今回は、ミナミちゃんのおばあちゃん、タマ子さんも同行しました。長寿祝い金や高齢者福祉問題をめぐり、 冨田かおり市議とトークを繰り広げています。終面の4コマ漫画も関連ネタですので、お楽しみください。Your Voiceは、NPO法人市民後見センターさいたまの中田均理事長さんにご登場いただきました。

全国の政令市議代表し、国会議員要望で仕切り役 特集は、女子大生ミナミちゃんの委員会傍聴記

2012年01月27日

みんなのジャーナル「冨田かおりの市政レポート」2012・冬号をお届けします。
フロントは、全国の政令市による国会議員要望で、仕切り役を務めた様子を掲載。
中面特集は、12月定例会報告を兼ね、委員会を取り上げました。
新聞や議会報ではとかく、本会議のみが取りざたされますが、 実際に具体的な議論をしているのは、委員会です。
私が所属する市民生活委員会で実際に議論した、市有保養施設の老朽化問題を女子大生ミナミちゃんの傍聴記の形で解説させていただきました。
ブログ、Your Voice、4コマまんがもお読みください。

3/ 41234
課外授業

冨田かおりさんに期待しています

参議院議員こうだ邦子さん写真

参議院議員
こうだ邦子

さいたま市長清水勇人氏写真

さいたま市長
清水勇人

サポーター募集 さいたま市 さいたま市議会